標準周波数と日本標準時を全国に供給するための電波です

日本の標準周波数と標準時を決定・維持しているのは、独立行政法人情報通信研究機構で、周波数国家標準時に責任を持つ日本で唯一の機関となっています。

標準電波は、同機構が決定した標準周波数と日本標準時を日本全国に供給するための電波のことです。標準電波には5MHzや10MHzなどの短波帯もありましたが、電離層の影響が大きく、精度が低下するなどの理由によって、2001年3月31日をもって廃止されており、現在は長波標準電波のみとなっています。

読み出し符号はいずれもJJY

科学、技術その他のために利用されることを目的と明示された、高い精度の特定の周波数の電波の発射を行う無線通信のことを「標準周波数業務」といいますが、日本の標準電波はこの標準周波数業務として、福島県と九州(福岡県と佐賀県の県境)にある情報通信研究機構の長波標準電波送信施設から40MHzと60MHzの周波数で送信されています。呼出符号はともにJJYとなています。

放送局や電話による時報サービスは、標準電波により、それぞれの親時計を日本標準時に合わせています。長波標準電波は下の図のようなタイムコード化された時刻情報を、高精度奈標準周波数に重畳して送信しています。この信号を受信することにより、電波時計は自動的に時刻の修正が行えるのです。

タイムコード

タイムコードに載せられている情報は、時、分、通算日、年(西暦の下2桁)、曜日、うるう情報、時と分に対応するパリティ、予備ビット、停波予告情報です。

タイムコードは、パルス信号レベルを100%から10%の出力に切り替わるように変化させたパルス列で表されており、電波時計などの自動時刻合わせに使われています。